コーヒー豆・コーヒー粉・コーヒー器具の販売・通販・オンラインショップならBASE COFFEE(ベースコーヒー)の「COE コロンビア ロス カチンゴス農園 250g(中煎り)ライトロースト」ページ

商品詳細
PRODUCT

COE コロンビア ロス カチンゴス農園 250g(中煎り)ライトロースト

2000(税込)

在庫数

5

種類
購入数
アプリコットやプラムのようなフルーティなコーヒー 香り ★★★★★ 甘み ★★★★☆ 酸味 ★★★☆☆ 【生産国】コロンビア 【農園】ロス・カチンゴス 【農園主】エディンソン・ラミレス・ロペス 【地域】 ピタリト, ウィラ 【品種】 カツーラ種 【精製】 ウォッシュ 【スコア】87.41(#13) 【年度】 2020年 【内容量】 250g×1袋 ※コーヒー専用袋で保存に最適です。
ご利用案内はこちら

アプリコットやプラムのようなフルーティなコーヒー

とってもフルーティなコーヒーです。

高品質なコーヒーの特徴でもある、上品な酸味をお楽しみいただければと思います。

エディンソンさんのコーヒー。

エディンソンさんは農学者兼経営管理者であり、コーヒーの生産に15年間携わっており、コンテストに初めて参加し、オークションに参加したことで、たくさんの気づきを得たそうです。

彼はまた、彼の学問的知識に基づいて、コーヒーを商業レベルに保つことを可能にする正式な会社を設立することを目標にしているそうで、

初参加で、ここまでの成績を残すのは本当に素晴らしい生産を続けてきた証拠だと思います。

カップオブエクセレンス

以下がCOEの説明ですが、簡単にご説明すると「品質の良いコーヒーをオークション形式で高く購入するので、農家の皆様、品質上げていきましょう」です。

COE(cup of excellence)カップオブエクセレンスとは、コーヒー生産国の12か国で1年に1回行われている、コーヒーの品評会です。国内予選を勝ち抜き、国際審査員によって、風味や品質に対する点数を付けられます。上位入賞者のコーヒー生豆は、オークションによって取引きされ、収益の大部分が農家に入る仕組みになっています。このCOEが行わることにより、コーヒー業界全体の品質向上に繋がり、より良い品質のコーヒーを作ることへのモチベーションへと繋がっています。

高品質の証とも言えるCOEの称号を持つ、このコーヒーは、クリーンで雑味がなく、フローラルな香りと、ピーチを思わせるジューシーな甘みが楽しめる、奥行きのあるコーヒーです。

COE説明

ライトロースト(light roast)中煎りコーヒー

 

ライトローストのコーヒーの特徴は、「香り高く」「さわやか」です。

ライトローストのコーヒーは酸味量のコントロールが必要になってくるため、特に焙煎技術を求められます。

当店のコーヒーは嫌な酸味を感じることがないライトローストを目指しており、且つ「香り」と「さわやかさ」を最大限に引き出せるよう注意しながら焙煎しています。

 

シングルオリジンのコーヒーでは特に産地の持つ個性を損なうことなく、ペーパードリップで淹れて美味しいと感じるバランスの取れた味わいを実現しています。

焙煎行程での香りの変化

焙煎風景2

焙煎スタートから焙煎終了まで、一刻一刻とコーヒー豆の香りは変化していきます。

変化のポイントがいくつあり、そのポイントを逃してしまうと、品質に大きく影響します。

香りを捉えることができないことのないよう、体調管理には十二分に気を付け、刺激の強い食事(たまねぎ、にんにく等)を取らないなど焙煎人として最低限のことに注意しながら日々の品質管理に努めています。

品質管理

カッピング

ベースコーヒーでは、焙煎後の品質チェックを毎回行っております。

特に季節の変わり目は、気温、湿度の変化のよる、焙煎行程の見直しが必須となります。

その変化を捉えることが出来るのが、「カッピング」という品質チェックです。

日々のカッピングで味わいの微妙な変化に気付き、焙煎へフィードバックするという地道な作業を繰り返すことにより安定した品質をお届けできるものと考えております。

レビューを書く

    商品の発送やお支払い方法については、
    ご利用案内をご確認ください。

    商品一覧へ戻る