コーヒー豆・コーヒー粉・コーヒー器具の販売・通販・オンラインショップならBASE COFFEE(ベースコーヒー)の「コロンビア サントゥアリオ農園 500g(中煎り)ライトロースト」ページ

商品詳細
PRODUCT

コロンビア サントゥアリオ農園 500g(中煎り)ライトロースト

3040(税込)

在庫数

12

種類
購入数
マイルドで華やかなコーヒー 香り ★★★★★ コク ★★★☆☆ 酸味 ★☆☆☆☆ 【生産国】コロンビア 【農園】 サントゥアリオ農園 【地域】 カウカ ポパヤン 【生産者】カミーロ・メリサルデ 【品種】 ブルボン種 【標高】 2100m 【処理】 ウォッシュド 【内容量】 250g×2袋(計500g) ※250gで購入するよりもお得です。 ※コーヒー専用袋で保存に最適です。
ご利用案内はこちら

マイルドで華やかな香りが特徴的なコーヒー

コロンビア500g

華やかな香りの中にはスパイスのような香りも入り混じった、芳醇なコーヒーです。

マイルドなコクがミルクチョコレートのような甘味のあるニュアンスを連想させ、余韻は長く続きます。

コロンビア カウカ ポパヤン

コロンビア・ポパヤンは山岳地帯が多く、日照・降水量・標高・土壌といったコーヒー栽培の好条件の揃った特産地です。サントゥアリオ農園はポパヤン高原に位置し、南東にはプラケ火山(標高4,646m)を望みます。

コロンビアサンチュアリオ農園

農園主カミーロ・メリサルデ氏は、古き良き時代のコロンビアマイルドコーヒーの復活を目指し、なおかつ完全にサスティナブルな条件のもと、一から農園を設計し1999年に農園作りをスタートさせました。

サントゥアリオ農園では当初からスペシャルティコーヒー、すなわち「至高のコロンビアマイルド」を目指し、苗木の播種から収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。

コロンビアサンチュアリオ農園2

農園は標高1,850-2,100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haにコーヒーが栽培されています。農園には豊かな森林が広がり、多様な野生動物の住処となっています。

また標高が高いため害虫の問題は皆無で、農薬の散布は行っていません。

ライトロースト(right roast)中煎りコーヒー

コロンビアコーヒー豆の色

ライトローストのコーヒーの特徴は、「香り高く」「さわやか」です。

ライトローストのコーヒーは酸味量のコントロールが必要になってくるため、特に焙煎技術を求められます。

当店のコーヒーは嫌な酸味を感じることがないライトローストを目指しており、且つ「香り」と「さわやかさ」を最大限に引き出せるよう注意しながら焙煎しています。

ロースト一覧表8

シングルオリジンのコーヒーでは特に産地の持つ個性を損なうことなく、ペーパードリップで淹れて美味しいと感じるバランスの取れた味わいを実現しています。

焙煎行程での香りの変化

焙煎風景2

焙煎スタートから焙煎終了まで、一刻一刻とコーヒー豆の香りは変化していきます。

変化のポイントがいくつあり、そのポイントを逃してしまうと、品質に大きく影響します。

香りを捉えることができないことのないよう、体調管理には十二分に気を付け、刺激の強い食事(たまねぎ、にんにく等)を取らないなど焙煎人として最低限のことに注意しながら日々の品質管理に努めています。

品質管理

カッピング

ベースコーヒーでは、焙煎後の品質チェックを毎回行っております。

特に季節の変わり目は、気温、湿度の変化のよる、焙煎行程の見直しが必須となります。

その変化を捉えることが出来るのが、「カッピング」という品質チェックです。

日々のカッピングで味わいの微妙な変化に気付き、焙煎へフィードバックするという地道な作業を繰り返すことにより安定した品質をお届けできるものと考えております。

レビューを書く

    商品の発送やお支払い方法については、
    ご利用案内をご確認ください。

    商品一覧へ戻る