コーヒー豆・コーヒー粉・コーヒー器具の販売・通販・オンラインショップならBASE COFFEE(ベースコーヒー)の「ニカラグア エンバシー農園 500g (中煎り)ライトロースト」ページ

商品詳細
PRODUCT

ニカラグア エンバシー農園 500g (中煎り)ライトロースト

なし

ストロベリーのニュアンス強くを感じるコーヒー 香り ★★★★★ コク ★★★☆☆ 甘味 ★★★★★ 【生産国】ニカラグア 【農園】 エンバシー農園 【地域】 ヌエバセゴビア モソンテ地区 【生産者】セルヒオ・ノエ・オルティス 【品種】 カツアイ種 【標高】 1480m-1600m 【処理】 ナチュラル 【内容量】 250g×2袋(計500g) ※250gで購入するよりもお得です。 ※コーヒー専用袋で保存に最適です。
ご利用案内はこちら

ストロベリーのニュアンスを強く感じるコーヒー

ニカラグア500g

ストロベリーのような香りが強烈なインパクトを与えます。

このフローラルな香りが、癒し効果を高めてくれるため、朝、昼、晩といつ飲んでもコーヒーに求めるリラックスを与えてくれるコーヒーです。

高品質なコーヒーを継続的に販売することはなかなか簡単ではありません。

BASE COFFEEでは、なるべく継続的に販売できるように、生産者との絆を深めていきたいと思って日々焙煎にあたっています。

もちろん情熱だけでは、困難なことも多々あるため、しっかりと販売すること、継続的に生産者から一定量を購入することが大前提にあるのも事実です。

セルヒオさんのような高品質にこだわり、常に改善していく姿勢のある生産者と共に歩んでいきたいと私たちも常に考えています。

エンバシー農園は、山の奥深く、最大標高が1600mほどに達するコーヒー農園で、ニカラグアのコーヒー農園としてはかなりの高地に位置しています。

標高が高いので悪天候などの自然環境に左右されやすく、山奥の森の崖のような斜面にコーヒーが植えられている農園なので、労働者を派遣するにも高いコストがかかりますが、セルヒオさんがそれでもニカラグアで特殊な味と香りのコーヒーを作りたいという思いから購入した農園です。

「エンバシー」という農園名は「大使館」を意味していて、コーヒーを通じて日本との架け橋になりたいという思いを込めて名付けられました。

ライトロースト(right roast)中深煎りコーヒー

 

ライトローストのコーヒーの特徴は、「香り高く」「さわやか」です。

ライトローストのコーヒーは酸味量のコントロールが必要になってくるため、特に焙煎技術を求められます。

当店のコーヒーは嫌な酸味を感じることがないライトローストを目指しており、且つ「香り」と「さわやかさ」を最大限に引き出せるよう注意しながら焙煎しています。

ロースト一覧表8

シングルオリジンのコーヒーでは特に産地の持つ個性を損なうことなく、ペーパードリップで淹れて美味しいと感じるバランスの取れた味わいを実現しています。

焙煎行程での香りの変化

焙煎風景2

焙煎スタートから焙煎終了まで、一刻一刻とコーヒー豆の香りは変化していきます。

変化のポイントがいくつあり、そのポイントを逃してしまうと、品質に大きく影響します。

香りを捉えることができないことのないよう、体調管理には十二分に気を付け、刺激の強い食事(たまねぎ、にんにく等)を取らないなど焙煎人として最低限のことに注意しながら日々の品質管理に努めています。

品質管理

カッピング

ベースコーヒーでは、焙煎後の品質チェックを毎回行っております。

特に季節の変わり目は、気温、湿度の変化のよる、焙煎行程の見直しが必須となります。

その変化を捉えることが出来るのが、「カッピング」という品質チェックです。

日々のカッピングで味わいの微妙な変化に気付き、焙煎へフィードバックするという地道な作業を繰り返すことにより安定した品質をお届けできるものと考えております。

レビューを書く

商品の発送やお支払い方法については、
ご利用案内をご確認ください。

商品一覧へ戻る