コーヒー豆・コーヒー粉・コーヒー器具の販売・通販・オンラインショップならBASE COFFEE(ベースコーヒー)の「ルワンダ ガコ農園 500g(中煎り)ライトロースト」ページ

商品詳細
PRODUCT

ルワンダ ガコ農園 500g(中煎り)ライトロースト

3120(税込)

在庫数

15

種類
購入数
ジンジャーやはちみつのようなニュアンスのある魅力あるコーヒー 香り ★★★★★ コク ★★☆☆☆ 酸味 ★☆☆☆☆ 【生産国】ルワンダ共和国 【農園】 ガコ農園 【地域】 南部州 フイエ 【生産者】デイビッド・ルワンザンガボ 【品種】 ブルボン種 【標高】 1900m 【処理】 ウォッシュド 【内容量】 250g×2袋(計500g) ※250gで購入するよりもお得です。 ※コーヒー専用袋で保存に最適です。
ご利用案内はこちら

当店で一番思い入れのあるコーヒー

ルワンダガコ農園500g

おすすめは?と聞かれると、まずおすすめさせて頂くのがこちらのルワンダ ガコ農園です。

BASE COFFEEとルワンダガコ農園との繋がりは、年を重ねるごとに大切なものへとなってきました。

フイエマウンテンコーヒー

アフリカのルワンダ共和国。ルワンダの中でも南に位置するフイエという地域。上記のマップに記載されているのは、フイエマウンテンコーヒー社、ウォッシングステーションの位置です。コーヒー農園に連れて行ってもらえるコーヒーツアーもこちらで行われていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

フイエを代表するウェットミル(コーヒー生豆を精製する場所)がフイエマウンテンコーヒーです。

フイエマウンテンコーヒーの代表を務める、デイビット氏は2017年、18年と日本へ来日し、自身のコーヒーについて知ってもらえるようセミナーを開催し、生産者の状況などを日本の消費者へ伝えています。

ルワンダ フイエマウンテンコーヒー BASE COFFEE

とても気さくな方で、常にユーモアを忘れず、そしてただ純粋にコーヒーの品質向上や、共に働く仲間、そして自国ルワンダへ貢献できるよう、ひたむきに活動されています。

ルワンダ フイエ地区 コーヒー農家 BASE COFFEE

ルワンダの生産者の集会では、どのように品質を上げるか、現状の不満点や改善しなければならないことなどを定期的に話し合っているそうです。フイエマウンテンコーヒー社の充実したサポートもあり、少しずつですが、着実に前に進んでいるように感じます。

BASE COFFEEでは、さらに生産者への貢献ができるよう、様々な形で関わっていけるよう努力していきます。

マイルドロースト(light roast)中煎りコーヒー

ルワンダコーヒー豆の色

ライトローストのコーヒーの特徴は、「香り高く」「さわやか」です。

ライトローストのコーヒーは酸味量のコントロールが必要になってくるため、特に焙煎技術を求められます。

当店のコーヒーは嫌な酸味を感じることがないライトローストを目指しており、且つ「香り」と「さわやかさ」を最大限に引き出せるよう注意しながら焙煎しています。

ロースト一覧表8

シングルオリジンのコーヒーでは特に産地の持つ個性を損なうことなく、ペーパードリップで淹れて美味しいと感じるバランスの取れた味わいを実現しています。

焙煎行程での香りの変化

焙煎風景2

焙煎スタートから焙煎終了まで、一刻一刻とコーヒー豆の香りは変化していきます。

変化のポイントがいくつあり、そのポイントを逃してしまうと、品質に大きく影響します。

香りを捉えることができないことのないよう、体調管理には十二分に気を付け、刺激の強い食事(たまねぎ、にんにく等)を取らないなど焙煎人として最低限のことに注意しながら日々の品質管理に努めています。

品質管理

カッピング

ベースコーヒーでは、焙煎後の品質チェックを毎回行っております。

特に季節の変わり目は、気温、湿度の変化のよる、焙煎行程の見直しが必須となります。

その変化を捉えることが出来るのが、「カッピング」という品質チェックです。

日々のカッピングで味わいの微妙な変化に気付き、焙煎へフィードバックするという地道な作業を繰り返すことにより安定した品質をお届けできるものと考えております。

レビューを書く

    商品の発送やお支払い方法については、
    ご利用案内をご確認ください。

    商品一覧へ戻る